ペンギンの小さな庭

たいへん敷居の低いお庭情報ブログ

妊娠糖尿病の記録 その1

f:id:salily:20191029123632j:plain

8月の終わり、妊娠7ヶ月の頃に行った糖負荷試験(あの、甘いサイダー飲んで血糖値測るやつです)に引っ掛かってしまい、その後の再検査でも引っ掛かり、妊娠糖尿病と診断されてしまいました。

それまでの検診では特に異常もなく、本当に順調にきていたので、診断された時はショックだったなぁ。。

 

巨大児になりやすかったり、高血圧症候群などの合併症を引き起こしやすかったり、赤ちゃんのインスリンがたくさん分泌されて低血糖になりやすかったり。とにかく母子共に良くない状態…というのも悲しかったけど、

自分の体の頑丈さになぜか根拠のない自信があったので😂なぜ自分が…というショックが一番大きかったです💦

家族に糖尿病の人はいないし、やせ型体型だし、高齢出産でもないのになぜ?と完全に寝耳に水状態😨

健康的な食生活だったか?といわれるとそこはちょっと自信がないですが😂

 

そしてこれから何を食べて生活していけばよいのか、、早速路頭に迷うことになりました😭

 

妊娠糖尿病は誰にでも起こりうる病気

その日から検索魔になり、論文が書ける程度に(笑)妊娠糖尿病について調べまくりました。そこで意外だったのが、妊娠糖尿病になる確率は決して低くないということです。

 

妊娠するとホルモンの影響でいろいろな体の変化が起こりますが、赤ちゃんにブドウ糖を優先的に届けるため、血糖値を下げるインスリンの働きを阻害するホルモンが出やすいんだそうな。

それが過剰に起きることで妊娠糖尿病になってしまうと。。

普通の糖尿病より、基準値もだいぶ厳しめに設定されています。

 

昔は糖負荷検査自体なかったようですし、もしかすると本当はもっと身近な病気だったのかも🤔

そして大抵の人は出産すると治るということ。←これ大事!

私はまだ出産していないので絶賛闘病中ですが、必ず終わりはある!と思いながらなんとか頑張れています。

稀にそのまま糖尿病に移行してしまう人もいるようなので、気は抜けないですけどね…!

 

 

まず自分で血糖値を測るところからスタート

f:id:salily:20191029141241j:plain

妊娠糖尿病と診断されたら、おそらく産婦人科とは別に、糖尿病を専門に扱う内科を紹介されることになると思います。

内科の初回検診時に、自分で血糖値を測定するキットを購入しました。

 

右のペンみたいな注射器に毎回針をセットして指先に刺し、少量の血を左のセンサーチップに取って血糖値を測定します。

ボタンを押すと自動で針が出てくる仕組みですが、注射が苦手な私💉💦

未だに毎回目をつむってボタンを押しています…😂(注射こわい)

指先を輪ゴムでパチンとはじかれる感じで、そんなに痛くはないのですが。。

 

慣れないうちは血液の量が足りなかったり、何回も測り直して本当に苦痛でした😭(針たくさん無駄にして勿体なかった…💦笑)

最近は毎回ひとさし指、強さ4で安定して測定できているので、ずっとそうしています。

 

測定ははじめのうちは1日2回、今は血糖値が安定してきたので1日1回と2回を交互に繰り返しています。おそらくかなり少ない方です。

1日何回測定するかは病院の方針によると思いますので、なんともいえないですね。。

毎食前食後に測定しておられる方は本当に大変だと思います💦

 

f:id:salily:20191029144216j:plain

針は医療用ゴミになるのでペットボトルかなにかにためておいて、病院で捨ててもらいましょう。

 

血糖値は食後1時間→140mg/dl以下、食後2時間→120mg/dl以下におさめるのが目安といわれています。空腹時は100mg/dl以下。

この数値内に大体おさめることができればOKです!🙆

 

自分なりにうまく血糖値をコントロールする 

私の場合、幸いにも食事療法のみで血糖値コントロールできていますが、基準値を頻繁に超えるようだとインスリン投与が必要になってくると思います。

以下、私が実際に試行錯誤しながらやってみた食事療法について書いていきます。

 

※妊婦さんの体質によって結果は異なってくると思いますので、医学的な内容について責任は負えません。。あくまで参考程度に見ていただけると幸いです!

 

f:id:salily:20191029172652j:plain

↑まず買って便利だったのがこちらの本。

食品ごとに糖質量が掲載されているので、魚介は糖質低いなとかパスタはやばいなとか、パラパラ見ているだけでもわかって楽しいです。写真でパッと見て量がわかるのも便利。

 

この本を見ながら、一回の食事の糖質量が大体20~40gになるように調整しています。間食は20g以下で、できれば10g以下。

ちょっとキツイかもしれませんが、、1回の食事で血糖値が上がりすぎないようにするのが目的なので、空腹でもたない時は分食をするのがいいと思います。

 

そしてダイエットではないので、カロリーは特に制限していません。(むしろ妊婦さんは普通の人より少し多めにカロリーを摂取する必要があります)

それでも糖質制限をはじめてから、それまで爆上がりしてた体重がピタッと止まりました。

赤ちゃんは問題なく大きくなっているので、このまま体重をキープしていけたら、産後の体型戻しも楽になるかな~と期待しています。それぐらいメリットあってもいいよね。

 

f:id:salily:20191029184022j:plain

↑妊娠糖尿病になり初めて買い物に行った時に買ったもの。健康オタクのようなラインナップ😂笑

 

はじめのうちはとにかく炭水化物を取るのが怖くて、こんにゃくや大豆製品、蒸しキャベツなどで代替して、なるべく摂取しないようにしていました。

これだとたしかに血糖値は上がりませんが、極端に炭水化物を減らしすぎても赤ちゃんにとって良くない!と栄養指導で怒られてしまいました😂

 

今は1回の食事で、パンだとロールパン1個または食パン半分、お米は雑穀米70gを目安に、炭水化物も取るようにしています。この量だと超えずに食べられる🤗

パンは製品によってかなり数値にバラつきがありますし、玄米より雑穀米の方が上がりにくい、などその人の体質に合う・合わないもあります。実際に自分の血糖値を測りながら安定する量を探っていくのが良いかと。

ちなみに同じ量を食べても、よく歩いたり家事をして動き回った後に測ると低めの数値、寝不足で体調が芳しくない時に測ると高めの数値が出たりします。

 

f:id:salily:20191029190927j:plain

セーフ献立その1

・焼きナス、納豆、冷奴、ハム、小松菜とカニかまのごまマヨ和えサラダ、しめじの味噌汁、玄米70g

 

焼くだけ、混ぜるだけ、盛り付けるだけ~みたいな、料理と呼べるかも甚だ怪しい簡単なものばかりですが🤣w

小鉢がいっぱいあると見た目的にも満腹になります🤗

 

玄米70gはやっぱり量が少ないので、その分魚や肉・豆腐といったタンパク質の量を増やすといいと思います。赤ちゃんの成長のためにも積極的に取りたい成分です🙆

あとは汁物があると食事のペースがゆっくりになるし、満腹感も得やすいのでおすすめ!一汁三菜の定食スタイルはやっぱり強いです。

 

マヨネーズは脂肪分が多く一見不健康そうですが、ほとんど血糖値が上がらないので頻繁に使ってます🤗

血糖値を下げるといわれているキノコ類や海藻類、酢の物も積極的に取り入れていくと良いと思います。

 

そしてめちゃくちゃ基本ですが、野菜→タンパク質→炭水化物の順で食べることも忘れずに😊

 

 

f:id:salily:20191029200527j:plain

セーフ献立その2

・ドライカレー、付け合わせのサラダ、もやしときゅうりとツナのサラダ、玄米70g

 

こちらはカレーがどうしても食べたくなって作ったある日の晩ごはん。

 

普通のカレーだとルーで結構な炭水化物を摂取してしまい確実に超えるので😂

カレー粉とニンジン、ナス、挽肉でドライカレーにしてみました🤗

みじん切りにしたお野菜の甘みが出て美味しいです💕

 

サラダには糖質の高いドレッシングは使わず、やはりマヨネーズで。ツナ缶と香辛料も血糖値を上げずに味のバリエーションを広げてくれるのでよく使っています🙆

 

 

f:id:salily:20191029202439j:plain

セーフ献立その3

・糖質0麺の和風豆腐ツナクリームパスタ、サラダ

 

普通のパスタが食べられないので、糖質0麺を使って作った一品🍝

和風豆腐ツナクリームパスタは魔法のレストランでやってたレシピをそのまま作ってみました。生クリームを使わずに豆腐でクリーミーさを出しています😊

 

f:id:salily:20191029203346j:plain

↑噂の糖質0麺。

イオンとかダイエーのこんにゃく売ってるとこの冷蔵コーナーにあります。取り扱ってないスーパーの方が多いかも。。

おからパウダーを練りこんであるので、普通のこんにゃく麺よりも腹持ちが良く、食感も普通の麺に近くて優秀です👍

使えるメニューが豊富でレシピもいっぱい出ているので、いろいろ試してみるといいかも。

 

ただ、やはり若干ビヨンビヨンなのでメニューによっては合わないこともあります😂

あと炭水化物要素はゼロなので、分食したり小さなパンを添えるなど工夫してみてください。

 

 

f:id:salily:20191029211024j:plain

セーフな手作りお菓子 おからクッキー

折角なので(?)、おからスイーツ作りを極めてみようと思って作った一品。

おからパウダーとバターと牛乳、糖質0の甘味料ラカントを使って作りました。

 

小麦粉と違って固まりにくく成型しづらいのと、モソモソした食感であんまり美味しくないというのが正直な感想…笑

あとカロリーはそれなりにありますw

 

でも糖質制限に慣れてきてからは、このクッキーの素朴な甘さに結構癒されてました。何より糖質を気にせず好きなだけ食べられるのがありがたい。。

 

おからは小麦粉の代わりになるので、小麦粉ご法度な糖質制限生活の中ではいろいろと役に立ってくれます🤗

スイーツ以外では、豆乳+おからパウダーでホワイトソースを作ることが多かったです。クリーム煮にしたりグラタンにしたり。

食物繊維が豊富なので、便秘解消になるのも嬉しい効果でした😊

 

ちょっと長くなってきたのでその2に続きます…!