ペンギンの小さな庭

たいへん敷居の低いお庭情報ブログ

東福寺本坊庭園

前回の庭園巡り後半戦、

 

JRまたは京阪東福寺駅から徒歩で、東福寺本坊庭園へ向かいます。

 

以前新緑の時期に来たことがあるのですが、

とっても綺麗でした( *´艸`)!そしてすごい人だった…

今回は9月なので(もう11月ですね…汗)まだ人は少なめです。

f:id:salily:20171105210653j:plain

これからの紅葉シーズンはきっと人混みがすごいのでしょうね…!

 

さてさて中へ入ります。

重森三玲の代表作である枯山水庭園が広がります。

f:id:salily:20171105210725j:plain

f:id:salily:20171105210734j:plain

立て石を多く使っているのが本庭園の特徴。

 

 

f:id:salily:20171105210750j:plain

立て石の中に大きな伏せ石が置かれ、豪快さを加えています。

 

 

f:id:salily:20171105210756j:plain

仙人の住む島、神仙思想を表しているそうです。

といっても高校で歴史を選択していない私には説明がチンプンカンプン笑。

蓬莱島って妲己ちゃんと戦った最後の島?(by藤崎竜封神演義)

 

…まぁきれいだからいいんじゃないかな!笑

 

f:id:salily:20171105210804j:plain

f:id:salily:20171105210810j:plain

こちらは北斗七星を表した石。

これはわかりやすくていいですね。笑

可愛くて女子ウケしそうです。

 

 

f:id:salily:20171105210822j:plain

デザイン性が独特で面白いです。

 

 

f:id:salily:20171105210833j:plain

苔が可愛い( *´艸`)

 

 

f:id:salily:20171105210839j:plain

先生曰く、後ろの丸く刈り込んだ低木が邪魔や!と…笑

確かに向こう側がきれいな谷になっているのに、カッチリ仕切ってしまっては

もったいないような気がしますね。

低木も自然風に仕立てて、谷へ徐々に続いていく感じが演出できたら

もっとよかったのかなー。

 

 

庭園には色々とセオリーがあり、先生のおっしゃることもわかるし、

造園に携わる者として、正しいことは知っておかなくてはいけない。

の、ですが。

 

あんまり型にはまるのも好きではないのでね~。笑

 

特に女の子が「可愛い!」と直観的に思うこと、癒されること、

自分の庭でやってみたいな~と思うこと。

そっちの方も大事な価値観だと思うので。

 

多様性に対応できるガーデンデザイナーでありたいです!

 

最後は抽象的な感じで終わっちゃった!笑

 

 

また年末年始にかけて、久しぶりに

庭づくり関連の記事もアップしていきたいと思います。