ペンギンの小さな庭

たいへん敷居の低いお庭情報ブログ

渉成園

研修で庭園巡り(という名のお散歩?)をしてきたので、忘備録に。

一か月ほど前に行ったものなので、紅葉はまだまだです(;^_^

 

渉成園

f:id:salily:20171031231019j:plain

京都駅から徒歩10分くらい、東本願寺の別邸です。

かつては周囲をカラタチの生垣で囲まれていたため、枳殻邸と呼ばれることも。

17世紀中期に造られた池泉回遊式庭園です。

 

儒学的色合いの強い大名庭園の…ウンタラカンタラ(記憶力が底を尽きました)

 

入場は500円ですが、500円くらいしそうなカラーの冊子をもらえるので、

実質無料といったところでしょうか。かなりのクオリティです。

 

f:id:salily:20171031231653j:plain

臨池亭

 

f:id:salily:20171031232353j:plain

傍花閣

ちょっと個性的な建物で中国風ですね。

周りには桜がたくさん植えられています。

 

f:id:salily:20171031232729j:plain

庭園とは関係ないですが、枯れ木の隙間から新たな木が生えてきているのが気になります。

 

f:id:salily:20171031233008j:plain

橋は残念ながら工事中で緑のカバーがかけられています。

かなり風情ある空間だったことが伺えます…

 

f:id:salily:20171031233152j:plain

今はどうしても後ろの建物が視界に入ってきますが(京都のど真ん中です!)、

昔は背景の東山の山並みを借景として楽しんでいたようです。

 

 

f:id:salily:20171031233204j:plain

ムラサキシキブ

 

f:id:salily:20171031233423j:plain

現代は京都タワーを借景として楽しむと良いでしょう笑。

 

f:id:salily:20171031233845j:plain

手すりがミニマム!

 

 

f:id:salily:20171031234207j:plain

片側だけに四ツ目垣を造った珍しいデザイン。

 

 

f:id:salily:20171031234144j:plain

先生がやたらと絶賛されていた奥の縮遠亭。

園内でも小高いところに造られていて、東山の山景を縮図のごとく見晴らすことができる、プレミアムなお茶室なのです( *´艸`)!

今は樹木が繁茂しすぎて、見えなくなってしまっていますが。。

船を使って池経由で来ることもできる構造になっています。

 

 

f:id:salily:20171031234136j:plain

THE、繁茂!!

 

 

f:id:salily:20171031235247j:plain

向こう岸に藤棚。

 

f:id:salily:20171031235344j:plain

建物の中から。

 

f:id:salily:20171031235432j:plain

東山山景がちょこっと見えました。

ほんとにちょこっと。それよりもクレーンに目がいきますね笑。

 

f:id:salily:20171031235637j:plain

f:id:salily:20171031235651j:plain

先生は他に池の真ん中の島の造りにまとまりがないこと、

芝生地に杭を打って急に池がはじまっていることなどに

文句をつけておられましたが笑、

 

自分ならどういう感じで改修するだろう…と考えながら見ていくと

また全然違ってきますね。

 

時間がなくなってきたので

次回は続編で【東福寺本坊庭園】、またアップします。