読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンギンの小さな庭

たいへん敷居の低いお庭情報ブログ。たまにイラスト、雑談、山陰、北海道。

京都府立植物園

関西

お久しぶりです。

 

今回は意外と面白い穴場スポット

京都府立植物園をご紹介します(^ω^)

 

f:id:salily:20160917211752j:plain

圧巻のくすのき通りのイメージが強い京都府立植物園

植物園の隣の某大学の生徒は無料で入ることができます。

よく授業のあいまにお散歩したものです…。

もう生徒ではないので200円お支払い。

 

f:id:salily:20160917212216j:plain

f:id:salily:20160917212948j:plain

噴水のある庭園。

もこもこしたカイヅカイブキがかわいいです。

カイヅカイブキって古い工場なんかに多いイメージで、

あんまり好きではなかったのですが。ここのカイヅカはかわいい!!

 

f:id:salily:20160917212738j:plain

花壇はカンナの赤とメランポジウムの黄色が鮮やかでした。

 

f:id:salily:20160917213041j:plain

f:id:salily:20160917213131j:plain

蓮の花を接写。

 

f:id:salily:20160917213311j:plain

世界中のいろんな種類の竹や笹を集めた竹笹園。

マニアックすぎて私ですらよくわかりません。笑

 

f:id:salily:20160917213552j:plain

園内のカフェでひとやすみ。鹿肉カレー。

近年森で増えている鹿の利用法の一つとして。

味は、まぁそんなに美味しくはないです。正直でごめんなさいw

 

f:id:salily:20160917214006j:plain

初めて見た「バクチノキ」

幹の色がすごいです。樹皮が絶えず剥がれるのを、

博打に負けて衣が剥がれるのにたとえたことに由来するんだとか。

 

f:id:salily:20160917214622j:plain

カミヤツデ。大きい…

 

f:id:salily:20160917214804j:plain

ご当地もの。北山杉です!

 

f:id:salily:20160917214951j:plain

生態系の森。ほんとにいろんな樹種があります。

 

f:id:salily:20160917215116j:plain

ここにない木はないんじゃないかってくらい。

 

f:id:salily:20160917215243j:plain

アベマキなどナラ系の木にはカシナガの防除が。

 

f:id:salily:20160917215452j:plain

さて、別料金になってしまいますが是非立寄ってほしいのが温室です。

世界最大の花、ラフレシア

 

ラフレシアで思い出しましたが、

京都府立植物園ゼニガメの巣になっておりますw(2016年9月現在)

私も5匹ゲットしました、いえ~い^^

 

f:id:salily:20160917215757j:plain

バオバブの花。

夜に咲いて、次の日の午後には落ちてしまうので午前が花を見るチャンスです。

バオバブといえば星の王子さま、ですね。

 

f:id:salily:20160917220000j:plain

ゆっくり見てまわると時間がいくらあっても足りません…

ざーっとまわるなら1時間くらいでしょうか。

この期に及んで満喫してしまいました(´∀`*)

 

とにかく、種類数がはんぱないのが魅力です。

ですがね。なんなんでしょう、このもったいない感じは…ヽ(;▽;)ノ

せっかくいっぱい珍しい植物があるのに、ほとんどの人はおそらく

スルーしてしまっている箇所がたくさんある。

魅せ方次第でもっともっと魅力的な植物園になる、

そんな気がしてならないのでした。

かといって良い代替案も思いつかないけど…うう(;´Д`)

公立施設の永遠の課題ですね…。

 

f:id:salily:20160917220243j:plain

北山通り側の入口近くにはまた別のカフェが…

こちらの方が美味しそうです。笑

 

f:id:salily:20160917220437j:plain

北山通りはやっぱり落ち着きます。。

 

おまけ。

f:id:salily:20160917220536j:plain

母校が進化しすぎてもはや別の大学になっていました。なにこれ。