読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンギンの小さな庭

たいへん敷居の低いお庭情報ブログ。たまにイラスト、雑談、山陰、北海道。

【修行】カシの剪定とお庭状況

庭の記録

北海道の旅も終えて、本業に勤しんでいる最近です^^

 

久しぶりに個人邸で2.5mくらいのカシを剪定させて頂きました。

作業前↓
f:id:salily:20160531195121j:image


f:id:salily:20160531195131j:image

作業後↑

我ながら惚れ惚れする出来栄えで、3時間に1回は写真を見てしまいます笑”

ベテラン職人さんにも合格!と言われました^^よかった!!

 

キンモクセイを丸く刈り込んだりもしましたが、

やっぱりカシの剪定が一番好きです。あとヤマモモも!

剪定しがいを感じる樹木です。

f:id:salily:20160531195137j:image

きれいになりました。

 

剪定は基本的に自然の樹形がお手本ですが、伸び放題の樹形が美しいとは限りません。

樹木の特徴を生かした、美しいシルエットの剪定がベストです。

例えば松は重厚感のある樹形で風格を出して…とかね!

カシは混み合った枝を透かして爽やかな感じを出すよう心がけています。

 

とはいえ、どこを切ったら良いのか

素人にはなかなかわかりにくいもの・・・

f:id:salily:20160531204144j:plain

カシは新芽が3~5本同じ場所から出るので、

私はまず2又の枝を作ることからはじめます(上の写真だと真ん中の新芽を落とします)

そして2本の枝に長短をつけます←「芯と添え」ですね。

弱々しい枝や飛び上がっているもの、胴吹きも切り落とします。

…あとはバランスを見てw(卑怯万能な一言)

一つの展場がふわっと、扇形になるのがキレイかなと^^

 

よくあるズン胴切りは避けたいですね…

強く剪定しすぎると胴吹きがたくさん発生して不格好になってしまいます。

ゴミもいっぱい出るし。。

どの枝を伸ばしていきたいか、将来的にどんな樹形にしたいのか…を考えて

透かし剪定すれば間違いないです!

 

さてさて、剪定について文章で書いてもなんだかイマイチですね(^_^;)
最近のお庭です。


f:id:salily:20160531195148j:image

紫竹ガーデンでもらったグラジオラスの球根。浅めに植え付けました。


f:id:salily:20160531195156j:image

ちょっと見ないうちにめちゃくちゃ成長しましたよ!特にトマト!

f:id:salily:20160531195202j:image

ギュギュは第一弾の花が終わったので思い切って切り戻し。

ハーブの寄せ植え、北海道から戻った時は元気でしたが・・・

f:id:salily:20160531195014j:image

このあとカモミールボリジ、トウガラシが枯れてしまいました。。

カモミールボリジは花が終わっていたので良いのですが。トウガラシ・・・

 

f:id:salily:20160531195218j:plain

f:id:salily:20160531195209j:plain

ひと株が大きくなってきたこともあり、リニューアル。

 

f:id:salily:20160531195029j:plain

寄せ植えはアズーロが咲き始めました。青い。

 

f:id:salily:20160531195036j:plain

ディルが伸び伸びになっていました。

 

f:id:salily:20160531195103j:plain

ディル剪定後。

今のところ元気です!