ペンギンの小さな庭

たいへん敷居の低いお庭情報ブログ。たまにイラスト、雑談、山陰、北海道。

【愛車ミラでゆく北海道⑨】平取・襟裳岬・洞爺湖・小樽編

今回がシリーズ最後の記事になります。長かったw

 

夕方まで時間が余ってしまったので、なんと襟裳岬に行くことを決断。

千歳→襟裳岬→平取で約7時間くらいのドライブ…!?これも結構な距離!!

もう完全に感覚がおかしくなっていますw

 

襟裳岬までは、まぁ歌にもありますが、あれです。笑

 

f:id:salily:20160524210352j:plain

襟裳岬

 

f:id:salily:20160524210423j:plain

日高山脈がずーっと海底まで続いているので

こんな風に岩場が連なって見えるのだそう。

 

f:id:salily:20160524210413j:plain

アザラシのシーズンだそうですが…

 

f:id:salily:20160524210443j:plain

えっ、あの白いのアザラシ!?

 

f:id:salily:20160524210448j:plain

ちゃうやん!?

 

f:id:salily:20160524210458j:plain

もう、結局肉眼じゃ見えないじゃないですか…アザラシ。

仕方がないので歌でも歌いましょう。

 

f:id:salily:20160524210511j:plain

友達のいる平取町へ。

平取(びらとり)と読みます!

お馬さんの牧場が多く、アイヌ文化が色濃く残っているのどかな町でした。

 

f:id:salily:20160524211713p:plain

ちなみに地図で見るとココ。

広いですが友達がいるのはわりと町の中心部でアクセスはそれほど悪くないです。

 

f:id:salily:20160524210518j:plain

競走馬の育成がさかんみたいです。

ディープインパクトの子孫?が近くの牧場にいるとかいないとか。

f:id:salily:20160524210540j:plain

f:id:salily:20160524210555j:plain

なんかすごく雰囲気がいい町で気に入ってしまいましたです。

 

f:id:salily:20160524210603j:plain

友達とおちあい、じゃんけんぽんで平取牛のハンバーグを注文。

興部で食べたハンバーグとはまた全く違うハンバーグ!

ものすごく柔らかくて旨みがあります!!

なんか良い餌を与えているんでしょうか…

 

友達のおうちが広すぎて快適すぎて空気も美味しくて家賃も安くて嫉妬しちゃいます。

優良企業いいなぁ。

(本人は速読のアプリに夢中)

f:id:salily:20160524210609j:plain

ルンバいるし笑”

不在の間に掃除が終わっているというのがたまらないようです。

ルームミラーを倒されて怒った時もあるみたいですが。

ルンバに話しかけるというお友達を想像するとちょっと切ない。

 

f:id:salily:20160524210617j:plain

なぜか1アールの畑を所有しておられたので、

また畑作業を手伝いに行きたいと思います。

 

翌日は最終日…一緒に小樽港までドライブです!

私のワガママで新千歳空港にミルクジャムを買いに行った後、

せっかくなので洞爺湖まわりで小樽へ向かいます。

f:id:salily:20160524210629j:plain

洞爺湖。サミット。

 

f:id:salily:20160524210637j:plain

きのこ王国という道の駅のようなチェーン店がありました。

色々なきのこが楽しめるきのこ汁は100円!

 

f:id:salily:20160524210648j:plain

小樽ではガラスのお店を巡った後、パワーストーンのお店で

無料で手相を見てもらえるということで、お願いすることに。

 

まぁ無料といっても手相を見て、足りない部分をパワーストーンで補って、

その人に合ったブレスレットを作ってくれるというお店なのですがw

 友達の手相診断がかなりおもしろかったのですが、

ここには書けないので…関係者の方はまたきいてくださいw

私は社長に向いてるというますかけ線があるのは良いのですが、

こだわりが強すぎて頑固なのと(これは友達もそう)、

KY線を指摘されましたね…(^_^;)空気が読めないところがあるとw

あと行動力がありすぎるらしく、「落ち着きましょう!」と言われる始末。笑

はい、気をつけますww

 

 お寿司を堪能し、友達とお別れ。。

長かった旅もついに終了です。

 

いろんなとこ巡って結構忙しかったけど、

じっくり考える時間がいっぱいあったのが贅沢でしたね。

アイディアもいっぱい浮かんだし、旅人たちにも出会えたし、

なにより北海道が好きすぎる。最高。