読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンギンの小さな庭

たいへん敷居の低いお庭情報ブログ。たまにイラスト、雑談、山陰、北海道。

【愛車ミラでゆく北海道②】小樽~稚内編

f:id:salily:20160522105937p:plain

小樽からイッキに稚内まで北上します。遠いよ~

 

f:id:salily:20160522110051j:plain

はい、だいぶすっ飛ばしましたがw

午前3時に出発して、留萌を抜け、道の駅おびら鰊番屋へ到着。

夕陽がきれいなスポットらしいですが、朝&雨。

 

f:id:salily:20160522122841j:plain

せっかくいろんな道の駅を通るのでスタンプブックを購入しました。

全部集める気はありませんがw

スタンプブック持参でソフトクリームが50円引きで買えたり特典もあります。

あまりにも早く出発したので開いてない道の駅を4つくらい

すっ飛ばしてしまいました。

 

f:id:salily:20160522123444j:plain

国道232号線、通称オロロンラインを北上していきます。

風車と海と、途中から左手に海に浮かぶ利尻島が見えます。

まぁ、雨ですよね…(^_^;)

BGMはT.M.Revolutionの最新曲Committed Redとインヘリで。

雨の中最北端に向かうにはピッタリの曲です、

特にコミ赤の最初の太鼓の音とか(笑)

 

f:id:salily:20160522123920p:plain

オロロンラインで検索したらすごいキレーな画像がいっぱい…心理療法。

 

f:id:salily:20160522124440j:plain

さて、最初に寄り道したのは幌延町トナカイ観光牧場

 日本でトナカイを見れるのはここだけじゃないでしょうか?

フィンランドからやってきたトナカイがのびのび生活しています。

 

f:id:salily:20160522124716j:plain

かわいい♡

角が生え変わり中のトナカイさん。しばしお戯れ。

入場無料なので気軽に立ち寄れます(´∀`*)

 

f:id:salily:20160522124959j:plain

次はエゾカンゾウが一面に咲き誇ることで有名なサロベツ湿原へ。

はい、まだ茶色ですw

こちらも入園無料、木道一周30分くらいでまわれます。

 

f:id:salily:20160522125336j:plain

何もないかと思いきやミズバショウが咲いてました。

 

f:id:salily:20160522125558j:plain

リュウキンカも綺麗ですね。

 

f:id:salily:20160522125646j:plain

f:id:salily:20160522125705j:plain

接写大会。

 

さあ、ではおとなしく稚内へ向かいますか…って、あれ?

f:id:salily:20160522125759j:plain

道端に普通にミズバショウリュウキンカが咲いてるのですがw

 

f:id:salily:20160522130045j:plain

こちらは道端に青色のエゾエンゴサク

 

f:id:salily:20160522130220j:plain

旅の途中でこいつもミズバショウもこれでもかっ!てほどありました。

いやいや恐れ入ります。

 

f:id:salily:20160522130817j:plain

午後2時くらいに稚内に到着!いやー走った走った。

 

f:id:salily:20160522130715j:plain

f:id:salily:20160522130911j:plain

f:id:salily:20160522130926j:plain

ホタテとタコがのってる稚内丼を注文。

今回の旅の独自ルールは「美味しい外食は基本1日1回まで!」

キリないですからね。笑

 

f:id:salily:20160522131213j:plain

少し時間があったのでノシャップ岬へ。写真が雑ですみませんw

お疲れモードなのでおとなしく宿へ向かいます。

 

f:id:salily:20160522131314j:plain

今回お世話になったのはライダーハウスみどり湯さん。

閑散期で他にお客さんもおらず、布団でゆっくり寝たかったので

ゲストハウスの方に宿泊しました。普通の家みたいですw

 

f:id:salily:20160522131615j:plain

クーラーボックスに持ち歩いてたカボチャ(笑)

自炊とお勉強が捗ります。稚内という事実忘れがち。

 

f:id:salily:20160522131750j:plain

旅の間一番お世話になったのはぶっちぎりでセイコマです。らぶ。

 

次回、【愛車ミラでゆく北海道③】利尻・礼文編