読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンギンの小さな庭

たいへん敷居の低いお庭情報ブログ。たまにイラスト、雑談、山陰、北海道。

【愛車ミラでゆく北海道①】新日本海フェリー

北海道

更新が途絶えていましたが、約2週間北海道を旅してきました。

内容が二郎もビックリてんこ盛りんなので、ちょっとずつ更新していきたいと

思いますヽ(´▽`)/

 

まず今回は初めて新日本海フェリーを利用。

愛車のミラちゃんを持って行きたかったので!

 

ちなみにレンタカーを24時間7020円、以後1日につき5940円とすると、

10日以上滞在するのであれば車を持っていった方が安い計算になります。

今回はちょうど10日くらいでしたが、離島を挟んだり

寝袋を積み込んでいたり等々ありましたのでマイカーにしました。

マイカーは何かと便利です(^ω^)♪

 

あと時間に余裕があったというのが大きいですね…

片道20時間かかるけんね。

車はともかく、ライダーの方はフェリー必須やと思います。

 

さあ、いざ舞鶴へ!

f:id:salily:20160510172031j:plain

ふおっ!?

乗車レーンに並ぶと、ムキムキマッチョメンがいっぱいだ…

どうやら北海道から熊本へ災害派遣の帰りみたいですね。

お疲れ様です…!

 

f:id:salily:20160510174312j:plain

24:30 舞鶴出港。

この日はあいにくの雨でしたが、甲板にてしばし舞鶴を見つめます。ボ~。

 

f:id:salily:20160510174357j:plain

気がつくと夜が明けておりました(早いわ)

朝方に小樽→舞鶴の姉妹船とすれ違います。

 

船内を探検してみましょう(^ω^)

f:id:salily:20160522092605j:plain

一般的なツーリストの寝台です。

私は快適に眠れましたが、常に震度2くらいは揺れているので

人によっては寝れないかもしれませんね…

立っていると揺れはほとんど感じません。さすが大型船。

 

お値段に応じて個室やスイートルームなんてのもあるみたいですが、

きっとセレブが使っているのでしょう…!

お金に余裕のある人しか基本的に乗船してないと思いますが、

貴重品の管理だけはしっかりしましょうね~

 

f:id:salily:20160510172815j:plain

4階が寝台、5階はレストラン・大浴場・個室、6階がスイットルームです。

行きも帰りもあかしあ号でした。

 

f:id:salily:20160510173353j:plain

大浴場入口。乗船時~1時、翌朝~夕方6時までは基本的に入り放題。

窓から海が見えるし、なかなか快適でした!

帰りの便では計3回もお風呂入っちゃいました(入りすぎや)

 

f:id:salily:20160522094759j:plain

売店。北海道と舞鶴のお土産が買えます。

量は少なめなのであまり期待しない方が良いですが、

白い恋人くらいなら売ってます。

レストランやカフェと同じスタッフが運営しているせいか、

開店時間が小間切れなので要チェック。

 

f:id:salily:20160510172930j:plain

軽食をオーダーできるカフェ。隣にレストランがあります。

レストランは副菜、主菜、サラダ、お味噌汁~と

好きなものをトレイに乗せていく方式ですが、

フルで乗せると軽く1000円を超えてしまいます(゚ω゚;A)

味もそんなに美味いっ!というものではなく(失礼!)

カレーや丼ものなど単品を頼むか、もしくは持ち込みするのがオススメ。

給湯室があるのでカップ麺なんかもイケます。

帰りはしっかり持ち込みました笑。

 

f:id:salily:20160510172850j:plain

他にもゲーセンや映画館など、20時間の暇をいかに楽しむかの

施設が充実しておりますが、真面目な私はここでひたすら勉強してました笑”

たまにおばあちゃんに「偉いわねぇ~!学校のお勉強?」と話しかけられたり。

…いったい私はいくつに見られていたのでしょうかw

木のお医者さんになりたいんですよーと言うと、

決まって不思議そうな顔をされました笑。

まだ樹木医というのが世間には浸透してないんですよね…。

 

f:id:salily:20160522101601j:plain

帰りの便は快晴だったので、窓からの景色はこんな感じ!

それにしても時速55kmで20時間で小樽まで行けるって、早いですよね??

秋田県沖200kmを航海中です」とかアナウンスが時々流れてましたが、

きっと最短ルートを通ってるんでしょうね。

 

ちなみに当初全く予定してなかったのですが、航海中ほとんど電波は繋がりません。

ものすごい沖を進んでいるので、よく考えたら当たり前なんですけど笑”

 

f:id:salily:20160510175110j:plain

行きは16時くらいに奥尻島付近を通るので、この辺は電波が入ります。

あとは入ったり入らなかったり。

 

f:id:salily:20160522102407j:plain

21時前、小樽到着!

帰りは小樽23:30発-舞鶴21:15着なので南に行く方が時間かかってますね。

昔はもっと時間がかかっていて、乗船者達でカラオケ大会なんかしてたみたいですが。

勉強したりお風呂入ったりしてたらなんだかんだあっという間でした。

行きは自衛隊さん、帰りはセレブな高齢者が圧倒的に多かったです。

 

次回、愛車ミラでゆく北海道②~稚内・利尻礼文編です。