読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンギンの小さな庭

たいへん敷居の低いお庭情報ブログ。たまにイラスト、雑談、山陰、北海道。

明々庵

実家の近くに住む同期の樹木医さんに案内してもらい、

松江の「明々庵」という茶庭に行ってきましたヽ(´▽`)/

 

f:id:salily:20170108111315j:plain

落ち着いた佇まい。

綺麗に描かれた砂紋と、きちっと剪定されている樹木の様子から

丁寧に管理されていることが伝わってきます。

 

 

f:id:salily:20170108111359j:plain

「雪隠」と「中待合」

現在で言うところのトイレですね。

 

f:id:salily:20170108111415j:plain

こちらでお抹茶を頂きました。

松江の和菓子・若草を味わうことができます。

お茶や歴史にはあまり詳しくないのですが、優雅な雰囲気だけでもじゅうぶん

楽しむことができますよo(^▽^)o

お茶を出して頂いた方とワビスケという茶花(ツバキの一種です)の話で

盛り上がりました。

 

 

f:id:salily:20170108111440j:plain

造園の勉強をしていると必ず出てくるお茶室の「にじり口

本当に存在していました。嘘かと思ってた笑”

いわゆる出入り口ですが、お殿様などの偉い人は広い方の入口を利用します。

 

 

f:id:salily:20170108111501j:plain

普段は枝抜き剪定をする程度が基本の杉。

こんな風に仕立てられているのは初めて見ました。きれいですね!

 

 

f:id:salily:20170108111534j:plain

部屋でお茶を頂きながら眺めるお庭もまた格別です。

 

 

f:id:salily:20170108111552j:plain

松江城の撮影スポットもありオススメです。

 

和風のお庭を設計することも増えてきている今日この頃、

やはり良いものを見て学んで、引き出しを増やすことが大切ですねヾ(@⌒ー⌒@)ノ

WABI&SABIの精神を受け継いでいきます。

 

 

 

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします( *´艸`)

 

年末にかけてお仕事が忙しかったりでなかなか更新できずにいました…

そして念願の樹木医を無事取得できましたことを報告致します。

 

持っているだけでは意味がない資格なので、学ぶ機会を増やして、

今年は積極的に現場で経験を積んでいきたいですね!

このブログも充実させたいです笑。

 

 

年内に撮りためていた写真をちょこっと紹介します。

 

f:id:salily:20170101221619j:plain

冬は松の剪定シーズン。

個人邸のお客様の多くはやはり年内にきれいにされたいという方が多く、

12月はひたすら松を剪定することになります笑。

 

 

鋏を入れると

 

f:id:salily:20170101221704j:plain

 

スッキリ!

 

今回は先を2~3芽残して剪定し、もみあげを行い、

葉先を切り揃えて1段を低く作るやり方を採用しています。

盆栽のようなシブさが出るのでおすすめです(*'ω'*)

手間はかかりますが…

時間がない現場では、もみあげを行わない「鋏うち」で済ませてしまいます。

 

松はやはり個人差が出ますね!

剪定した人によって濃さが全然違う(^_^;)

 

難しいと思われがちな松ですが、手間がかかるだけで

繊細な人には向いているのかも?

特に女性は向いていると思います( *´艸`)

男性に勝てる数少ないポイントとして、押さえていきたいですね笑。

ちなみにあまり動かないので寒いです。

 

 

f:id:salily:20170101223607j:plain

 

職人さんと一緒に作った縁起物の松竹梅。

私はコケ張りを担当しました♪

もこもこした触感が可愛くてたまりません。楽しかったー!

 

使っている植物は松竹梅とナンテンヤブコウジフクジュソウ

あんまりにも良い出来だったので、

お偉いさんのところへ持って行かれてしまいました…(^_^;)

 

 

f:id:salily:20170101224137j:plain

 

コケ張り前。

 

うーん、やっぱりコケがあると良い♪

梅の位置が作品をキメますね。

 

今年もいっぱい制作していこうと思います^^!

 

石原和幸さんプロデュース!うめきたガーデン

またまたご無沙汰しております。

2週間ほどつくばに研修に行っておりました^^

また、後日記事をアップしますね。

 

梅田に3月までの期間限定で、

石原和幸さんの手がけた巨大なお庭が見られるということで

早速行ってきました!「うめきたガーデン」

f:id:salily:20161015203237j:plain

梅田駅から徒歩五分の都会のど真ん中に、

素敵なお花畑が広がっていました~\(^^)/

入場料1000円が必要ですが、7日にオープンしてから

既に3万人以上訪れているようで…☆

今日もたくさんの人が訪れて、お花畑で写真を撮っていました。

 

f:id:salily:20161015203253j:plain

高層ビルと色とりどりのお花の対比が面白いですヽ(´▽`)/

そして暑い…!

 

f:id:salily:20161015230702j:plain

丸太小屋はcafeになっていて、小休止できます。

屋根の上にも植物がびっしり!すごいですね。

敷地内に出店もいっぱいあるので、飲食には困らないです。

 

f:id:salily:20161015203315j:plain

こちらの奥は壁面緑化のパネルが迷路のように入り組んでいます。

岩や流木がところどころアクセントに使われていて楽しい!

 

f:id:salily:20161015203410j:plain

うさぎさん☆子供に大人気でした。

 

f:id:salily:20161015203328j:plain

メインガーデン。2ヶ所の滝があり、和テイストです。

水辺に見事に植栽された花たちは見ごたえがあります。

 

f:id:salily:20161015203424j:plain

石原さんの有名な作品「ガレージガーデン」を小規模に再現したもの。

パッと見てすごく印象に残るお庭です…流石です。

 

f:id:salily:20161015203446j:plain

ガーデンショップで石原さんのお庭の作品集をつい購入してしまいました。

またじっくり読むのが楽しみです♪

 

f:id:salily:20161015203359j:plain

石原さんのお庭が素晴らしかったのは勿論ですが、

これほどたくさんの人が梅田の真ん中で緑に癒されている…というのが

本当に嬉しくて。

車椅子に乗ったおばあちゃんが楽しそうにお花を眺めている姿を見て

なんだかとても感動してしまいました。

緑にはまだまだ多くの可能性がありそう。私たちの仕事も捨てたもんじゃないですね!

 

f:id:salily:20161015203502j:plain

お隣のグランフロント大阪の屋上庭園にも立ち寄りました。

洗練された空間でとてもステキ!

屋上といっても階の途中で、9階くらいだったかなぁ?

とにかくいろんなところを緑化していますね笑。

 

f:id:salily:20161015203507j:plain

屋上に気持ちの良い芝生が広がっています!

 

f:id:salily:20161015203513j:plain

グランフロントのガーデンからうめきたガーデンを一望することができました。