ペンギンの小さな庭

たいへん敷居の低いお庭情報ブログ。たまにイラスト、雑談、山陰、北海道。

教林坊、水ヶ浜、ラ・コリーナ近江八幡

お天気が良かったので、滋賀県近江八幡までドライブに行きました( *´艸`)

 

時系列が逆さまですが、夜は教林坊の紅葉ライトアップへ。

紅葉のライトアップって人が多くて、見に行くだけで精一杯という

イメージがあったのですが(特に京都…)

こちらはパンフレットにすごく綺麗な写真で載っているのを偶然見つけて、

これは穴場かもしれない…!と思いやって来ました。

 

里山を少し登ったところにあるお寺なので、駐車場から3分ほど石階段を登る

必要がありますが、上に到着するとパンフレット以上の素晴らしさ。

f:id:salily:20171126152157j:plain

 

入場は500円、18時前に来ると人も少なめで良いです。

f:id:salily:20171126152227j:plain

 

竹のライトアップは思わぬ収穫、遠くから見ると青白く輝いて見えます…

f:id:salily:20171126152244j:plain

f:id:salily:20171126152254j:plain

f:id:salily:20171126152304j:plain

地面に落ちた葉が赤い絨毯のよう。

いいカメラを持ってくるべき場所だ…

 

f:id:salily:20171126152326j:plain

紅葉のほんのり暖かな色合いのライトアップに対して、

竹は輝くような白のライトアップ。竹肌が綺麗に映えます…!

かぐや姫がバンバン出てきそうですね。

 

昼間に訪れてもたいへん綺麗な場所だと思います!

 

夕方はシャーレ水ヶ浜という琵琶湖沿いのカフェへ。

前に一度訪れたことがあり、ロケーションの良さに感動したカフェでありました。

f:id:salily:20171126152409j:plain

f:id:salily:20171126152438j:plain

f:id:salily:20171126152546j:plain

f:id:salily:20171126152554j:plain

f:id:salily:20171126152602j:plain

抜群の景色で、すごく気持ちのいいカフェです!!

 

f:id:salily:20171126152614j:plain

階段を降りてゆくと、たくさんの干し柿を作っておられました。

 

f:id:salily:20171126152630j:plain

階段で湖畔まで降りることができます。

下から見たカフェ。秘密基地のような雰囲気も最高です。

斜面で果樹を栽培しておられるようですね。

 

f:id:salily:20171126152657j:plain

湖の中に1本の木が…気になります。カモの姿もたくさん。

 

 

f:id:salily:20171126152709j:plain

f:id:salily:20171126152714j:plain

中もログハウスでとても素敵です!

以前は夏に訪れましたが、この季節は暖炉があり中はとても暖かいです。

玄関には薪が山積みにされています。

 

f:id:salily:20171126152734j:plain

開店時間は日没まで!おしゃれな表記ですね。

 

 

f:id:salily:20171126152743j:plain

いかにもインスタ映えしそうな写真が撮れました。笑

シフォンケーキとココアのセット800円。

 

f:id:salily:20171126152802j:plain

一通りくつろぎ終わるといよいよ夕暮れの時間。

せっかくなのでテラス席に出て鑑賞タイムです。久しぶりにゆっくり夕日を眺めた…!

 

f:id:salily:20171126152818j:plain

白い塊?はアヒルさん達です。グワッグワッと鳴いておりました。可愛い。

 

f:id:salily:20171126152828j:plain

どこを撮っても絵になりますね。

 

昼間はラ・コリーナ近江八幡へ。

たねや」でおなじみバームクーヘンのお店なんですが、

ここはちょっと普通のお菓子屋さんとは規模が異なっています。

f:id:salily:20171126152844j:plain

ササの草原を通り抜けて芝張り屋根の本館へ。

ただの土曜日なのにものすごい人。オープンしてからかなり年月が過ぎているはずなのに…!

儲かってますな~

 

本館のカフェが人で溢れていたので諦めて(そのおかげでシャーレ水ヶ浜に行けました笑

奥地まで広がる敷地内をお散歩。

f:id:salily:20171126152900j:plain

f:id:salily:20171126152913j:plain

いちお菓子屋さんとは思えない広さですね。

池のように見えるのは実は田んぼのようです。これは良いアイディア!

向こうの里山たねやの土地だそうで、開発される前に買い取って

景観を守る作戦のようです。お、お金があるってすごい…

 

f:id:salily:20171126152925j:plain

アートがわからない人から見たらただの事故現場です。笑

 

f:id:salily:20171126152942j:plain

向こうのあの塔はなんだろう?

なんか全体的にもっと案内板のようなものが欲しい…!意図がわからないよ!

 

f:id:salily:20171126152949j:plain

唯一残念だったのはこのモニュメント、松の根元がコンクリートでギッチリ…

これではすぐ枯れてしまうし見ていて痛々しい。松がなくても十分良いと思いますね。

 

肝心のバームクーヘンはとても美味しいのですが、買うには長蛇の列に並ぶ必要があります。休日は10分以上並ぶので覚悟しておいた方が良いでしょう。

他にもラスクとか和菓子やバームクーヘンのポーチ(?)など色々購入できます。

 

バームクーヘンのテーマパークのようになっていますが、

里山と共生する感じのテーマがあるのかな?

 

 

最近は滋賀で仕事をすることも多いのですが、

蓄膿症が治りそうなくらい空気がおいしいし笑、見所が意外とたくさんあって

魅力の多いところです。本当に住みたいくらい。

またアップします。

「世界一のクリスマスツリー」に思うこと

NHKでも生中継されていたというこちらの企画、ご存知でしょうか。

www.sankei.com

 

富山の山から樹齢150年(?)のアスナロの大木を神戸のメリケンパークに移植するということで、樹木医の間でもちょっとした話題になっていました。

私を含め、大半が輸送のストレスや潮風でいずれ枯れてしまうだろうという意見。森林植物園あたりに移植すればまだ環境も近いだろうか?とか、なんとなく行く末を見守っている案件でした。

 

ところが、17日になってこんなネットニュースが。

神戸市の樹齢150年のあすなろを使った「世界一のクリスマスツリーProject」が醜悪すぎると話題に | BUZZAP!(バザップ!)

 

なんと、イベント終了後は切り刻まれてバングルにされ、売りさばかれるとのことだそうな…

 

ほんなら、最初からそう言わんかい!!

 

イベント後の利用について本当に何も考えていなかったのか、はたまた批判を恐れて後出しジャンケンにすることで強行突破したのか…

いずれにしてもバングルを売って資金を回収したいなら、後出しにしたことで話題づくりに失敗してますよね。

木を送り出すイベントに参加した富山の人たちは、移植されるだけだと思っているようだし…きちんと説明してあげてほしい。

 

なんだかいろいろ調べていくうちにツッコミどころ矛盾点だらけで、批判意見も「木がかわいそう(>_<)」とか的を得てないものもあり、全部に言及してたらキリないですけど(^^;

植物特有の「持続していく」って考え方は、一般にはあんまり浸透してないのかなーと

ズレを感じてしまいました。

材木利用と今回の件をごちゃまぜにしてる方が多くいらっしゃいますが、

そもそも目的や根本が全く違うでしょう。林業をされている方にとても失礼です。

私も危険木は容赦なく伐採しますし。そして割り箸は間伐材だから!

 

良くなかったのは、瀕死の木を見世物にするというグロテスクなイベントを

震災ビジネスにして、神戸市民の怒りを買ってしまったこと。

最初から伐採した木ならここまで批判も出なかったでしょうけど、何にせよ悪趣味だわ…

神戸市長も神戸市がお金を出さないからといって(真偽はわからない)、安易にイベントを許可したのは反省すべきかと。

今は良くも悪くもインターネットで裏事情まで明らかになってしまいますからね…!

 

 

私が一番看過できないのは、この主催者であるプラントハンター氏のような自己満足な考えが横行すると、

非常にこちらの商売の邪魔になるなーということ笑”

個人相手ならともかく、今回のは公共性が高い案件でしたから。

以外プラントハンター氏ツイッターより引用

 

f:id:salily:20171123183320j:plain

f:id:salily:20171123183658j:plain

 

…ちょっと何言ってるかわかりません!(サンドイッチマン風)

商売っ気が多いのは結構なことですけど、

ワイ命はってまっせ!(安全帯とヘルメットつけて!吊荷の下に入らないで!)

環境に合わない植物を持ってきて売れた後は知らんぷり!

協力してくれる方にきちんとした説明なし。

 

あまりにも無礼で、不誠実すぎやしませんか…。

そして随分と耳障りの良いことを言うのがお得意なようで、騙される人は知らないうちにコロッと騙されてお金を払ってしまう。

(エコとかほっこり系を謳った詐欺って意外と多いから、みなさん気を付けてね!)

とくダネではネットで批判の嵐になっている件について触れていたようですが、

論点をズラしてプラントハンター氏を擁護して終了。これはひどい。。

それにしてもおかしい、プラントハンター氏は何か強力な組織と手を組まれたのでしょうか。

f:id:salily:20171123182206j:plain

 

議論を巻き起こすことが役目とか無責任なコメントをされているようですが、

お肉屋さんが肉を売りながら「肉を食べてもらうことで、命の大切さを考えてもらうのが仕事です」なんて言ってたらおかしいでしょうが笑。

 

謙虚さがないと、いずれ失敗してしまうということが今回の件で浮き彫りになったように感じます。謙虚にがんばろ。

わー、ほんとにくだらない!笑

 

とりあえずもう木は運ばれてきてしまったわけだから、せめて建築材料にするとか、

敬意を払った使い方してほしいな。幹割れしてるから無理か…

 

当の私はイルミネーション大好き芸人でもあるので、秀吉のクリスマスツリーとか、もっと価値のあるイベントに参加したいし、そっちの方が興味あります。

東福寺本坊庭園

前回の庭園巡り後半戦、

 

JRまたは京阪東福寺駅から徒歩で、東福寺本坊庭園へ向かいます。

 

以前新緑の時期に来たことがあるのですが、

とっても綺麗でした( *´艸`)!そしてすごい人だった…

今回は9月なので(もう11月ですね…汗)まだ人は少なめです。

f:id:salily:20171105210653j:plain

これからの紅葉シーズンはきっと人混みがすごいのでしょうね…!

 

さてさて中へ入ります。

重森三玲の代表作である枯山水庭園が広がります。

f:id:salily:20171105210725j:plain

f:id:salily:20171105210734j:plain

立て石を多く使っているのが本庭園の特徴。

 

 

f:id:salily:20171105210750j:plain

立て石の中に大きな伏せ石が置かれ、豪快さを加えています。

 

 

f:id:salily:20171105210756j:plain

仙人の住む島、神仙思想を表しているそうです。

といっても高校で歴史を選択していない私には説明がチンプンカンプン笑。

蓬莱島って妲己ちゃんと戦った最後の島?(by藤崎竜封神演義)

 

…まぁきれいだからいいんじゃないかな!笑

 

f:id:salily:20171105210804j:plain

f:id:salily:20171105210810j:plain

こちらは北斗七星を表した石。

これはわかりやすくていいですね。笑

可愛くて女子ウケしそうです。

 

 

f:id:salily:20171105210822j:plain

デザイン性が独特で面白いです。

 

 

f:id:salily:20171105210833j:plain

苔が可愛い( *´艸`)

 

 

f:id:salily:20171105210839j:plain

先生曰く、後ろの丸く刈り込んだ低木が邪魔や!と…笑

確かに向こう側がきれいな谷になっているのに、カッチリ仕切ってしまっては

もったいないような気がしますね。

低木も自然風に仕立てて、谷へ徐々に続いていく感じが演出できたら

もっとよかったのかなー。

 

 

庭園には色々とセオリーがあり、先生のおっしゃることもわかるし、

造園に携わる者として、正しいことは知っておかなくてはいけない。

の、ですが。

 

あんまり型にはまるのも好きではないのでね~。笑

 

特に女の子が「可愛い!」と直観的に思うこと、癒されること、

自分の庭でやってみたいな~と思うこと。

そっちの方も大事な価値観だと思うので。

 

多様性に対応できるガーデンデザイナーでありたいです!

 

最後は抽象的な感じで終わっちゃった!笑

 

 

また年末年始にかけて、久しぶりに

庭づくり関連の記事もアップしていきたいと思います。